ヒムカ出版

ブログ

ホームページ始めました。

2018年12月09日

これから日々の出来事を“できるかぎり”綴っていこうと思います。よろしくお願いいたします。

1回目は、もちろん「やっちょっど!宮崎すごろく」発売について。

先月11月の中旬から順次、県内各地の書店を訪れて配本、ようやく店頭に並び始めました。

定価は、本体1500円+税。

イラストは、宮崎で活躍するイラストレーターの榊 あずささん。監修には、日本語学、方言学が専門の松永修一先生(十文字学園女子大学教授)が参画。もとをたどれば「ぐるっと一周!鹿児島すごろく」や「九州開運すごろく」などを発行する鹿児島の出版社、燦燦舎(さんさんしゃ)・鮫島亮二氏との古きご縁もあって誕生した本作。鮫島社長の「南九州から元気を~!」の音頭のもと、サンサンとヒムカの国からすごろく照射~!

やっちょっど宮崎

真冬のこもれび浴びながら、「日本のひなた宮崎」から、“ご当地すごろく”はじまり、はじまり~!

 

それでは、ざっくりと中身の紹介です。

やっちょっど宮崎すごろく

まずは、すごろく盤です。

サイズは、A1(タテ84cm、ヨコ59cm)※新聞紙見開き大

県内の全市町村を巡り、各地の名所や祭り、神話、伝説を訪れるすごろくゲームです。

コマとサイコロ

コマとサイコロです。

「べぶ」「びっきょ」「こうじまのさる」「みさきうま」など、宮崎の方言の呼称やゆかりの動物がコマです。

コマは6つ、サイコロは1つ(組み立て式)。

切り札

切り札です。

「小村寿太郎」「アマテラス」「のぼり猿」など、宮崎の偉人、神話、郷土玩具の切り札10枚。“1位の人と入れ替わる!全員自分のマスに来る!など、それぞれのカードの持ち味を使って、ゴールを目指します。

以上を台紙から切りはなすと

こんな感じです。

解説本

そして、付録の解説本です。A5サイズ32ページ。

すごろく盤に登場するすべての名所や祭りなどを1マスごとに解説。コマや切り札のキャラクターも紹介しています。遊んで読んで、読んで遊んでお国自慢。

ちょっどだけ「べぶ」と「びっきょ」で、すごろくスタート。

ちなみに、「べぶ」→。「びっきょ」→。どちらも県西の方言です。

ふりだしは、すごろくのだけに、郷土の歌人・若山牧水の生家からスタート(日向市東郷町)。

可愛岳

話題の西郷どん、ゆかりの地。西南の役最後の激戦地から12へ進む。

くしふる峯

天孫降臨の伝承地・くしふる峯に到着。ちなみに、600余人の残兵と高千穂へ向かった西郷どん。歴史も漂うすごろく旅。

一方、「びっきょ」は、一足先に椎葉村へ

焼畑

本土最後の秘境・椎葉村。縄文時代から続いてきたといわれる古代農法・焼畑。

椎葉の方言で蛙はワクドウ。方言も地域によってまったく異なる宮崎県。

さらに進んで

かりこぼう

かりこぼう

九州中央山地真っ只中の西米良村に伝わる妖怪。自然の掟を守らないと「ホ~イ、ホ~イ」と鳴き声が!?

と、こんな感じで県内各地の歴史、神話、伝説を訪れるすごろく旅。

さあ、続きはみんなでレッツ!すごろく。

ブログ

  • 『現代語訳 上井覚兼日記2』発売!

    2021年11月07日

    『現代語訳 上井覚兼日記2』発売!

    大変長らくお待たせいたしました。 新名一仁先生の『現代語訳 上井覚兼日記2 天正12年(1584)正月~天正12年(1584)十二月』が発売となりました。 龍造…

  • お正月は、レッツ!すごろく

    2020年12月16日

    お正月は、レッツ!すごろく

    いよいよ発売開始☆ヒムカ出版がお届けする今冬の最新刊   それいけ!古事記すごろく 一番憎んだ人は、一番愛した人だった…イザナキ・イザナミの夫婦ゲンカ…

  • 戦国島津の筆まめ武将

    2020年11月07日

    戦国島津の筆まめ武将

    11月7日、いつものとおり。宮崎は昨夜から朝にかけ、雨。   というワケで、お待たせしました! あの筆まめ武将・上井覚兼の日記が新名先生による現代語訳…

  • すべて見る