出版物

宮崎市民の森 万葉歌碑五十六基ガイドブック

みやざきしみんのもり まんようかひごじゅうろくきがいどぶっく

定価:650円+税

発売日

2019年10月01日

著 者

岡本 貞子

イラスト

水元 博子

サイズ

B6判

ページ数

72

ISBNコード

978-4-909827-02-9

ヒムカ出版オンラインストア

Amazon

内 容

宮崎市民の森の園内に建つ万葉歌碑56基。その歌意と背景を紹介。万葉集で詠み込まれた植物たちが、多く自生する市民の森。禊池、祝詞発祥の地、そして国生み神話のイザナキ・イザナミを祀る江田神社周辺に、千有余年もの宮崎の風土の中で、生きてきた万葉植物たち。樹木と歌碑がある神秘の森。万葉植物の挿絵、巻末には万葉歌碑案内マップ付き。

著者情報

【著書プロフィール】
岡本 貞子(おかもと さだこ)
昭和8年京都生まれ。「心の花」無選歌欄会員、現代短歌会員、南の会会員。歌集に『二重星』『冬の鳶』『苔の花咲く』など。宮崎県宮崎市在住。