出版物

現代語訳 上井覚兼日記1 天正十年(1582)十一月~天正十一年(1583)十一月

げんだいごやく うわいかくけんにっき

定価:1,800円+税

発売日

2020年11月07日

著 者

新名 一仁

サイズ

A5判

ページ数

240

ISBNコード

978-4-909827-04-3

ヒムカ出版オンラインストア

内 容

国の重要文化財に指定されている東京大学史料編纂所蔵、戦国島津氏の重臣・上井覚兼(うわいかくけん)の日記を全国初の現代語訳化。本巻は、宮崎城主時代の覚兼38歳、島津氏が北部九州へと進出していく転機となった1582年~約1年間の日記を収録。戦から領国の動向、芸能、信仰、城の普請…地方の武将が記した第一級史料。戦国史研究者・新名一仁氏による訳文と各月解説付にて戦国島津の姿を照射する話題の一冊。

著者情報

新名一仁(にいな かずひと)
昭和46年(1971)、宮崎県生まれ。鹿児島大学法文学部人文学科卒業。広島大学大学院博士課程前期修了。同博士課程後期単位取得退学。博士(文学、東北大学)。みやざき歴史文化館、宮崎市きよたけ歴史館学芸員などを経て、現在志學館大学非常勤講師。単著に『日向国山東河南の攻防』(鉱脈社、2014年)、『室町期島津氏領国の政治構造』(戎光祥出版、2015年)、『島津貴久』(戎光祥出版、2017年)、『島津四兄弟の九州統一戦』(星海社新書、2017年)がある。2015年、第41回南日本出版文化賞を受賞。