ヒムカ出版

出版物

現代語訳 上井覚兼日記 天正十年(1582)十一月~天正十一年(1583)十一月

げんだいごやく うわいかくけんにっき

定価:1,800円+税

現代語訳 上井覚兼日記 天正十年(1582)十一月~天正十一年(1583)十一月

著 者

新名 一仁

サイズ

A5判

ページ数

240

ISBNコード

978-4-909827-04-3

ヒムカ出版直販

紀伊國屋書店

楽天ブックス

honto

解 説

「松風は 流れて水の 泉哉」。痔病を患うほどの大酒のみだが、教養あふれる文化人。島津氏家臣団トップの上井覚兼の日記を現代語訳。本巻は、老中・宮崎城主時代の1582~1583年の日記を収録。戦から領国の動向、芸能、信仰、城の普請…地方の武将が記した一級史料。著者は、戦国史研究者・新名一仁(志學館大学)。訳文と各月解説付にて戦国島津の姿を照射する。

備 考

新名一仁(にいな かずひと)
昭和46年(1971)、宮崎県生まれ。鹿児島大学法文学部人文学科卒業。広島大学大学院博士課程前期修了。同博士課程後期単位取得退学。博士(文学、東北大学)。みやざき歴史文化館、宮崎市きよたけ歴史館学芸員などを経て、現在志學館大学非常勤講師。単著に『日向国山東河南の攻防』(鉱脈社、2014年)、『室町期島津氏領国の政治構造』(戎光祥出版、2015年)、『島津貴久』(戎光祥出版、2017年)、『島津四兄弟の九州統一戦』(星海社新書、2017年)がある。2015年、第41回南日本出版文化賞を受賞。

ブログ

  • 戦国島津の筆まめ武将

    2020年11月07日

    戦国島津の筆まめ武将

    11月7日、いつものとおり。宮崎は昨夜から朝にかけ、雨。   というワケで、お待たせしました! あの筆まめ武将・上井覚兼の日記が新名先生による現代語訳…

  • 「宮崎すごろく」2019年度こどもの本だな

    2019年11月05日

    「宮崎すごろく」2019年度こどもの本だな

    ~推薦~宮崎県書店商業組合「2019年度こどもの本だな」に選ばれました 『やっちょっど!宮崎すごろく』。 あらためて中身のご紹介♪ 【セット内容】  …

  • 巨大すごろく登場!

    2019年05月08日

    巨大すごろく登場!

    進撃~★巨大“宮崎すごろく”やっちょっど~! 2019年4月27日~5月6日の大型連休期間限定にて突如姿を現した巨大“宮崎すごろく”。 会場は、今年リニューアル…

  • すべて見る