ヒムカ出版

お知らせ

最新刊!

2019年10月02日

2019年10月1日発売開始

『宮崎市民の森 万葉歌碑五十六基ガイドブック』

みそぎ池、祝詞発祥、そして国生み神話のイザナキ・イザナミを祀る江田神社…神話聖地の雰囲気を醸す宮崎市阿波岐原森林公園、通称「市民の森」。

市民の憩いの場として親しまれる同園には、古くから万葉集に詠まれる植物(万葉植物)が数多く自生しており、平成元年、市民の森に自生する56種の万葉植物と、その植物が詠み込まれた56首の万葉歌碑を設置。

 

 

↑56基の歌碑と植物を結ぶ約1kmの散策コース、通称“万葉の道”。

↑本の巻末に、折りこみの万葉の道・歌碑案内図が付いています。

 

今回、刊行しました『宮崎市民の森 万葉歌碑五十六基ガイドブック』は、日本を代表する歌人でもある著者・岡本貞子さんが、約15年ほど前に、丹念に歌碑を調査し、その歌の意味や背景を調べた小冊子の新装改訂版です。

 

恋の歌、宴の歌、そして別れの歌など56基の万葉集の和歌を丁寧に解説。

↑今回、画家の水元博子さんに万葉植物の挿絵を描いていただきました。

 

古代の人々が眺めていた樹木に包まれて、心身健康の歌碑めぐり。

ぜひ、この本を手にして万葉の道、そして“令和の森”へお出かけください。

 

□『宮崎市民の森 万葉歌碑五十六基ガイドブック』

□岡本 貞子著

□B6判並製72ページ 定価:本体650円+税

※宮崎市内の書店から順次に配本中(2019年10月1日~)

 

 

ブログ

  • お正月は、レッツ!すごろく

    2020年12月16日

    お正月は、レッツ!すごろく

    いよいよ発売開始☆ヒムカ出版がお届けする今冬の最新刊   それいけ!古事記すごろく 一番憎んだ人は、一番愛した人だった…イザナキ・イザナミの夫婦ゲンカ…

  • 戦国島津の筆まめ武将

    2020年11月07日

    戦国島津の筆まめ武将

    11月7日、いつものとおり。宮崎は昨夜から朝にかけ、雨。   というワケで、お待たせしました! あの筆まめ武将・上井覚兼の日記が新名先生による現代語訳…

  • 「宮崎すごろく」2019年度こどもの本だな

    2019年11月05日

    「宮崎すごろく」2019年度こどもの本だな

    ~推薦~宮崎県書店商業組合「2019年度こどもの本だな」に選ばれました 『やっちょっど!宮崎すごろく』。 あらためて中身のご紹介♪ 【セット内容】  …

  • すべて見る